行政書士パートナーズ大阪法務事務所

行政書士パートナーズ大阪法務事務所

安い!早い!信用情報もキレイ!3拍子揃った消滅時効援用

それに対し、消滅時効は、2週間程度で解決し、

費用も25,000円程度の安価ででき、

破産のような悪いイメージが薄い為、

このサービスの存在を知った方はご利用されます。

さらに消滅時効には破産と比べ決定的に大きなメリットがあります。

それは信用情報の処理のされ方です。

破産や債務整理の場合は、新たに事故情報が登録され、

5~10年その事故情報が消えません。

それに対し消滅時効はあらたな事故情報は登録されず、信用情報上は、

「完済」したという登録になります。これは非常に大きなメリットです。

2,000件以上の圧倒的な相談実績で、気になる信用情報についても何でも回答させていただきます。

3つの条件が揃っていれば、あとは行政書士が時効援用書面を作成し、

内容証明郵便で貸主に送れば終了です。

スムーズに進めば、最短2週間でお客様のご不安は解消です。

本サービスの手続き費用は、1社25,000円(税別)のみ、

携帯電話関連の債権については1社15,000円(税別)のみで対応しております。

お急ぎのお客様の為に分割払いも歓迎しておりますので、

お気軽にご相談ください。

時効援用をしたら住宅や学資などのローンが組めるようになる

可能性がありますが、

そのためにはあなたの信用情報を確認する必要があります。

当事務所はこれまで数多くの信用情報開示とその内容説明を行っており、

私自身少なくとも200件以上の他人の信用情報を見て説明する経験をしました。

ですから時効になったら、この情報機関のこの情報なら、

こうなるということを知っています

破産の場合や、債務整理の場合、延滞の場合や、家賃保証で賃貸契約した場合、

携帯電話を割賦払いで購入した場合や、

一括で購入したあと通話料金を延滞した場合などもです。

この信用情報開示代行業務は、

日本で行っている事務所はそれほど多くはありません。

おそらくあなたが最も知りたい、

「時効の後のローンが組めるかどうかを詳しく説明できること」

それが当事務所の最大の強みです。

1・メール又はお電話、面談での無料相談

債権者からの督促状など資料があれば手元においてご相談いただけるとなお、

正確に回答可能です。

また、なくても問題ありません。行政書士からご質問し、

お客様お答え頂く形で時効成立の可能性を

ご案内しますのでお気軽にご相談くださいませ。

2・契約手続き

債権状況等を確認させていただいた上で、時効成立の見込みと、

必要な費用全額をご説明致します

(成功報酬等、後で追加となるような報酬.費用は

一切ありませんのでご安心下さいませ)。

相談者様が、その内容でよろしければ契約手続きをさせて頂きます。

3・消滅時効援用の内容所y名郵便作成・発送

費用入金確認後(分割払いの場合は初回入金後)すぐに、内容証明を発送します。

4・消滅時効成立

条件がそろっていれば時効が成立し、借金が消滅します。

法的な証拠となる内容証明・配達証明書はお客様へお送りします。

(①~④までスムーズに進むと2週間程度、あっという間に終わることができ、

お客様にご負担のない非常にスピーディな手続です)

なお万が一、条件が揃っておらず、時効が不成立だった場合でも、

債務整理をご希望のお客様は、

提携している司法書士をご紹介できますので、ご安心下さいませ。

時効終了後、事故情報が時効処理されたかをチェックする信用情報開示サービス。

時効をご利用されたお客様には、通常は1機関5,000円の

信用情報開示を無料でサービスしています。

時効相談時にご説明しますので、ご希望の場合はお申しつけ下さい。

6年以上消滅時効手続を、専門に扱ってきた行政書士ならではの

明確・安心価格です。

通常債権・・・1社 25,000円(税別)

携帯電話債権・・・1社 15,000円(税別)

時効手続費用合計額が100,000円(税別)に達した場合、

それ以上は費用を頂きません。

何件借りていたか分からない方にも安心の費用設定です。

※通常債権とは、消費者金融・クレジットカード・信販会社・

債権回収会社・代理人弁護士

・医療費などの借金を指します (携帯電話関連の債権以外全てを指します)。

Q.「無料相談」は、2回目の相談も無料?支払のタイミングはいつですか?

何度でも無料でご相談をお受けします!

当事務所では、国家資格者である行政書士が直接対応するお電話、メール、

面談などの相談を全て無料で対応しております。

ご理解、ご納得出来るまで2度でも3度でも無料相談をご利用くださいませ。

費用は契約締結後に初めていただきます!

お話を伺ったうえで、時効成立の可能性とかかる費用をご説明致しますので、

こちらの説明をお聞き頂いてご契約を希望される場合のみ、

ご契約書を郵送致します。

その契約書に署名捺印の上返送頂きましたら、

はじめて費用をお支払いくださいませ。

ですので、契約書を返送いただくまでは一切費用は発生致しません。

Q.どこで借りていたか、おぼえてない。

信用情報でわかる可能性があります。

大丈夫です、ご安心ください。請求書などがなく、

借金していた会社名などが分からない場合、

信用情報を開示することにより、借入先がわかる可能性がございます。

当所では、ご希望される場合、まずこの信用情報開示の

手続きから業務を始めます。

②信用情報とは、お客様の借入の記録表です。

信用情報とは、お客様のお借入れの記録表です。

その会社との契約が終了してからも5年間は記録しています。

ですので延滞したまま放置していると、

ずっと「延滞している」という情報のまま、

その会社の情報がのこり続けるので、半永久的に「延滞している」という情報が

消えないということなのです。

③パートナーズ大阪法務事務所は、信用情報と時効の専門家!

当所は時効手続きだけでなく、信用情報の専門家でもありますので、

この信用情報手続きも安心してお任せくださいませ。

信用情報開示はご自身でも数千円で行うことが可能ですが、面倒な手続きです。

時効をご依頼いただく場合、当所で1情報機関1,400円(税別)と

実費1,100円のみで

開示出来ますので、時間と手間を考えればお任せいただいたほうが

お得で安心と思います。

パートナーズ大阪法務事務所 特定行政書士 田中 靖之

大阪府行政書士会所属 登録番号第11262445号(2011年度登録)