リネアストリア

激安ウィッグ専門店【リネアストリア】

【Linea-Storia】は「いつもオシャレでいたい!」
という女の子の想いを大事にしています。

医療用ウィッグJIS規格9623獲得

ウィッグを通して少しでも多くの女の子に

色々なオシャレを提供する為、

最大18色のカラーバリエーションや

ウィッグ業界最大級の品揃えに加え、

着用画像や説明文の豊富さ、

業界TOPクラスの“安さ”で商品を提供しています!

ポイントウィッグ・ハーフウィッグの企画も!!

天使シリーズ(人工毛)

  • 人工毛は科学繊維で作られた人工的な髪の毛です。
  • 形状記憶されているためウィッグのスタイルが崩れにくく、
  • 着用前のスタイリングが簡単。価格も比較的低いため、
  • 買い替えがしやすいメリットもあります!
  • 天使シリーズ(人毛)
  • ウィッグ特有の光沢や毛束感がなく自然。
  • 癖がつきやすく着用前にスタイリングが必要な人毛100%と人工毛と
  • 人毛をミックスさせた人毛MIXがあります。
  • 人毛MIXは人毛よりも簡単にスタイリング可能です。
  • フルウィッグショート
  • 短く絡まりにくいため管理も簡単です。

    ウィッグが初めての方にもおすすめです。

    定番ボブから巻き髪まで様々なスタイルを揃えました!

    フルウィッグにはマシンメイドと総手植えの2種類があります。

  • フルウィッグミディアム
  • ナチュラルスタイルなミディアムウィッグ。ワンカールやゆるふわ巻き、
  • インナーカラーなど様々なスタイルを揃えました!
  • フルウィッグにはマシンメイドと総手植えの2種類があります。
  • フルウィッグロング
  • ロングスタイルに一瞬で変身!
  • 地毛の長さやカラーに関係なく完璧に変身できます。
  • あこがれのロングに変身するならフルウィッグがベストです。
  • フルウィッグにはマシンメイドと総手植えの2種類があります。
  • 前髪ウィッグ
  • 前髪ウィッグはパチンとクリップで止めるだけの簡単装着で、
  • 前髪を切らなくても伸ばし中でもさまざまなスタイルに5秒で大変身できます!
  • 女の子は前髪5mmでイメージが変わる!
  • トップカバー
  • トップカバーウィッグはむじ全体を覆うので気になる前髪やトップのボリューム、
  • 白髪・プリン隠しにもオススメです。
  • 帽子をかぶる必要が全くないくらいとっても自然!
  • ポニーテール
  • 地毛に巻き着けるだけで簡単にポニーテールが完成!アレンジが苦手な方でも、
  • 簡単にひと手間加えたおしゃれヘアーに変身できます。
  • 2個付けでツインテールにも。
  • もちろんアレンジOK!

リネアストリアでの
おすすめのウィッグの選び方をご紹介!

キレイめボブになりたい!ガラッとイメチェンしてロングにしたい!
気になってたスタイルにチャレンジしてみよう。

毛材、つむじの形、キャップ部分など、見た目もつけ心地もいろいろ。
こだわりたいポイントを最初に決めておくと、失敗のないウィッグを選べそう。

リネアストリアの商品ページでは細かなウィッグのサイズを表記しています。
頭のサイズや地毛の長さなどを図っておくと便利!

「商品をさがす」ボタンから、髪の長さや毛材など細かく

指定して商品を検索できます。
気に入ったものをどんどんお気に入りに入れて、

オリジナルのほしいものリストをつくっちゃおう。

会員登録をしておくとお気に入りが保存できるのでおすすめです。

旅日和・・・モルディブ

インド洋に浮かぶ約1200もの島々から成るモルディブ

大人の遊び心擽られる海の楽園

国旗

モルディブの国旗

国章

モルディブの国章

モルディブ共和国(モルディブきょうわこく、ディベヒ語: ދިވެހިރާއްޖޭގެ ޖުމްހޫރިއްޔާ‎, Dhivehi Raa’jeyge Jumhooriyya)、通称モルディブは、アジアのインド洋にある島国で、インドとスリランカの南西に位置する。

旅行 水上 晴天 コンテスト バカンス 名所 モルディブ 外国 観光地 水面 コテージ 異国 海外旅行 モルジブ 新婚 水上コテージ 新婚旅行 ハネムーン オーシャンヴィラ 昼 南国 リゾート 自然 海 空 緑色 水 青色 青空 雲 波 海外 カップル 風景 夏 真夏 晴れ

ハウスリーフ

ビーチからドロップオフまでの距離が近く、

簡単にダイビングやシュノーケリングを楽しめるリゾートは、

一般的に『ハウスリーフがいい』と言われ人気があります。

モルディブ 海 エメラルドグリーンの海 海と空 リゾート 青

 

ドロップオフ

淡いブルーと濃紺の海の境目で急激に深くなるところ。ダイビングやシュノーケリング上級者向けで沢山の色鮮やかな魚たちに出会えます。

ラグーン

淡いブルーに見える穏やかな浅瀬エリア。シュノーケリング初心者におすすめ。白い砂とのコントラストが綺麗なモルディブらしい景観です。

リーフ

珊瑚礁のこと。豊かな珊瑚の周辺にはカラフルな魚が集まります。

気候の特徴

モルディブは高温多湿の熱帯性気候で平均気温は約27℃と一年中それほど変わらず、気温は24℃から33℃の範囲で年間を推移します。

季節は大きく乾季(11月~4月)と雨季(5月~10月)に分かれますが、服装は年中夏の服装で可能です。イスラム教の国なのでリゾート以外へ観光の場合は肌の露出の少ない服装を心がけましょう。

グレート バリア リーフ 海 オーストラリア ケアンズ バカンス ホリデー 夏 休暇 夏休み 休み 水泳 快晴 晴天 青 砂 波 砂場 背景 テクスチャ 海外 外国 グレートバリアリーフ great barrier reef グリーン島 グリーンアイランド 沖縄 ハワイ グアム ニューカレドニア モーリシャス サイパン マーシャル 島 アイランド オアフ モルディブ モルディヴ タヒチ オアフ島 ハワイ島 パラオ ハミルトン島 ボラカイ島 ビンタン島 フィジー エルニド セイシェル ランカウイ島 サムイ島 クラビ マウイ島 カウアイ島 ダナン セブ島 カリブ海 カリブ プーケット ホノルル ビーチ リゾート

特に1月末~4月上旬がベストシーズンで、この時期は天候が安定しているので、天気がよく晴れ渡っているおり、美しい海を楽しむことができる旅行には持ってこいのシーズンです。

日差しが強い為、帽子やサングラスなどを紫外線対策として上手に使いましょう。あまり肌を焼きたくない方は、日焼けや紫外線対策としてUV対策グッズや薄手の長袖などで対応が必要となります。

 

旅日和・・・ジャマイカ

カリブ海に浮かぶ小さな島国

レゲエの神様ボブ・ マーリーの国

国旗

ジャマイカの国旗

国章

ジャマイカの国章

国の標語:Out of Many, One People
(英語: 多くの部族から一つの国民に)

中央アメリカ、カリブ海の大アンティル諸島に位置する立憲君主制国家であり、英連邦王国の一国である。島国であり、北にはキューバとケイマン諸島が、東にはジャマイカ海峡を隔ててイスパニョーラ島に位置するハイチとドミニカ共和国が存在する。首都はキングストン。

イギリス連邦加盟国のひとつ。アメリカ、カナダに続き、アメリカ州で三番目に英語の話者が多い国でもある。

旅情報

オーチョリオス

ビーチリゾートとして名高いモンテゴベイから空路約30分。車で約1時間30分のところにあり、ダンズリバーフォールズへのツアーを利用して訪れる人が多い。オーチョリオスとはスペイン語で「8本の川」の意味。8本の川があるわけではないが、ダンズリバーフォールズに代表されるように水源が豊富で、山肌やジャングルを潤す滝が無数に流れている。豊かな水源に育まれた植物や森には野鳥も多く、爽やかさに満ちている。熱帯果実が栽培されているプロスペクト・プランテーションも見どころ。

ダンズリバーフォールズ

オーチョリオスの市街から車で約10分のところにある滝は観光スポットのひとつ。緩やかな段々状の岩肌を流れ落ちていく滝の流れに逆らって、岩場を上っていくツアーが人気だ。足元は滑りやすいため、ツアー参加者全員で手をつないで滝を上り、途中の岩場で天然のウォータースライダーを遊んだり、岩でせき止められた自然のプールで泳いだり。海遊びに飽きた人には、身の引き締まるような冷たい淡水でリフレッシュするこんな遊び方がおすすめ。滝の淡水は最後は海へと流れ込んでいく。

ホープガーデン

ホープガーデンは元々ホープエステート呼ばれ、リチャード・ホープという男の所有する広大な私有地だった。その2,000エーカーの敷地は、ブルーマウンテンの山上にあるニューキャッスルからダウンタウンの海までに広がっていた。イギリス司令長官であったホープは、1873年、当時スペインの勢力下にあったジャマイカをイギリスの勢力下に置くために多大な貢献をしたことをイギリス政府に認められ、その報酬としてこの土地を与えられた。1881年、2,000エーカーの土地の一部、現在のホープガーデンである200エーカーの土地をジャマイカ政府が買取り、経済発展を目的に外来種の植物を実験的に育てるようになった。当時は主に、サトウキビやパイナップルやヤム芋、コーヒーやバナナなどが育てられていたのだという。のちに1951年、イギリスのエリザベス女王2世によって、現在の「ホープ・ボタニカル・ガーデン」という名前がつけられた。

ボブマーリー博物館

博物館はボブ・マーリーが家族と過ごした生家

キングストンに来てまず訪れて欲しいのは、ジャマイカが生んだスーパースター、ボブ・マーリーの博物館です。ボブ・マーリーは1945年、イギリスの軍人とジャマイカ人の母の間に生まれました。12歳の頃、生まれ育ったジャマイカ北部のナインマイルズを離れ、キングストンにあるゲットー、「トレンチタウン」に移り住みました。このスラム街での人々の暮らしや生活は、以後世界中の共感を呼ぶことになる彼の作品を作るルーツとなりました。1975年ボブは、アイランドレコードの社長であったクリス・ブラックウェルから、現在この博物館となっている家を買い取りました。1981年に、36歳という若さでこの世を去るまでの6年間、家族と共にこの家で暮らしました。

ドクターズ・ケーブ・ビーチ

ドクターズ・ケーブ・ビーチはモンティゴベイにある空港から車で約5分の場所にある、有料のプライベートビーチです。有料だけあって、ビーチはきれいに整備されており、更衣室やシャワー室、トイレも完備。フードコートやバーも併設されています。訪れるのは海外からの観光客が多く、監視員も常駐しているとあって安心、安全。ドクターズ・ケーブ・ビーチの魅力は、何といっても海の美しさ!コバルトブルーの海は透明度が高く、思わずうっとりとしてしまいます。白い砂浜に青い空、そして青く澄んだ海はまさに絶景!

ブルーラグーン

ジャマイカの定番観光スポットでもある、ブルーラグーン。キングストンから車で2時間半ほどのジャマイカの東海岸に位置する港町、ポートアントニオにあります。

ターコイズブルーの綺麗な水は、ブルーマウンテンからの湧水と海の水が混っざっており、手を浸してみると不思議な感じがするのだとか。水深はなんと60meter以上あるのだそう!

ブルーマウンテン

コーヒー豆の最高級品種である、ブルーマウンテン。ブルーマウンテン山脈の標高800~1,200meterにあるブルーマウンテン・エリアで生産されたコーヒーだけが、ブルーマウンテンコーヒーと呼べる。

ブラックリバー

ブラックリバーをボートで散策しながらワニを見ていきます。ワニは人に慣れているのかおとなしく、直接触ることも出来ます。川を進んでいくと、たくさんのマングローブが生い茂っている所も見れるので、大自然の中で癒されます。

虫よけ・ティシュ・ウエットティッシュ・殺虫剤・常備薬をお忘れなく。

路線バス キングストン市内の路線バスは平日が30分に1本、週末や祝祭日は1時間から1時間半に1本の割合。行先はLED表示で確認できますが、表示がない場合には運転手や乗客に尋ねましょう。

キングストンから郊外へ移動する場合、ワゴンのミニバスを利用するのが一般的。降車する時は「Driver Stop!」と叫べば停まってくれます。ただしこのミニバス、乗客がいっぱいになるまでは発車しません。

ミニバスよりも大きなコースターは長距離を走るバスで、観光地のモンデゴ・ベイやオーチョ・リオス行きのバスも運行しています。目的地まで停車しません。

ジャマイカのタクシーには、一般のタクシーとJUTA(ジュタ)と呼ばれる観光客用のタクシーがあります。タクシーは赤いナンバープレートで、JUTAにはサイドドアにマークが。ダッシュボードかミラーの下に許可書をぶら下げているのも目印です。

一般のタクシーにはメーターがなくて運転手が独自で決めているので、高額な料金を請求される恐れも。しつこい勧誘には、はっきり「No Thank you!」と断りましょう。料金や安全性を考えてもJUTA(ジュタ)の方が安心です。料金の支払いはJA$(ジャマイカドル)が基本ですが、US$(アメリカドル)での支払いもOK。

リーズナブルにキングストン市内を動きたい方におすすめなのが、相乗りのルートタクシー。こちらは決められたエリアを循環し、バスのように相乗りになっています。

レンタカーを利用する場合には、レンタル料と保険料、10%の税金がかかり、国際運転免許証の提示が必要です。

旅日和・・・コロンビア

色彩あふれる コロンビア

国旗

コロンビアの国旗

国章

コロンビアの国章

国の標語:Libertad y Orden
(スペイン語: 自由と秩序)

コロンビア共和国(コロンビアきょうわこく、スペイン語: República de Colombia)、通称コロンビアは、南アメリカ北西部に位置する共和制国家。東にベネズエラ、南東にブラジル、南にペルー、南西にエクアドル、北西にパナマと国境を接しており、北はカリブ海、西は太平洋に面している。首都はボゴタ。

コロンビアの人口は、ブラジル、メキシコに続きラテンアメリカで第3位である。コーヒー、エメラルド、バラの産地である。

旅情報

ボゴタ

標高約2,640mもの高所に位置するコロンビアの首都、ボゴタ。高山地域に位置するため、季節が移り変わるということはなく、年間を通して涼しい気候です。南米諸国の中でも指折りの大都市として知られています。新市街には近代的な高層ビル群が立ち並んでおり、旧市街には欧州支配下に置かれていた当時の面影を強く残す、歴史的建造物が残されています。

黄金博物館

コロンビアは鉱物資源が豊富であることで知られています。黄金博物館には先コロンブス期に造られた金細工34,000点、金のオブジェ約20,000点が展示されておりそのコレクションの規模は世界でも類を見ません。

ボリーバル広場とカテドラル

市民の憩いの場となるボリーバル広場は常に人々が集まり、賑わいを見せています。広場内にはスペイン様式の美しいカテドラルがそびえています。スペインからの影響を強く受けたコロンビアは国民の約80%がカトリック信者であり、訪れる街々には教会や大聖堂があります。

岩塩洞窟教会(シパキラ市内)

もともと塩鉱山だったところをカトリック教会にしたこの場所は、カラフルなLEDで幻想的に照らされています。人の手で掘られたとは思えないほど、広大な洞窟内に広がるミステリアスでスピリチュアルな世界は圧巻です。

カルタヘナ

カリブ海に面する港町カルタヘナはコロンビアきってのリゾート地。16世紀頃は貿易拠点として栄えており、南米諸国の宝石、貴金属、香辛料などをスペイン本国へ輸送するために集められていましたが、海賊や他国から攻撃されてしまう為、街には城壁や要塞が築かれました。城壁などは当時そのままの形で現存されているため、1984年に世界遺産に登録されています。

カルタヘナ旧市街は、城壁に囲まれた旧市街は、16世紀のスペイン植民地時代に建造されたコロニアル調の街並みがそっくりそのまま残されています。かつてアフリカ人奴隷売買の拠点でもあったことから、アフリカ文化も垣間見えます。夜の帳が下りると、教会や時計台などが美しくライトアップされ、ロマンチックな街並みが広がります。

サンフェリッペ城塞

旧市街から少し離れた、小高い丘に位置するサンフェリッペ城塞。かつてアフリカ人奴隷達の労働力により造りあげられ、堅牢なつくりとなっています。現在では城塞の最上部が展望台となっており、カルタヘナ市内を見渡すことができます。

ボテロ広場

芸術家フェルナンド・ボテロにちなんだ名前を持つ広場です。フェルナンドによって生みだされたオブジェの数々などが、広場内に飾られていることが印象的。

コロンビアは治安の悪いイメージが強いですが、ここ十数年の治安回復の強硬政策が功を奏し、大幅に治安が回復しました。特に観光地では警察官をいたるところに配置し治安維持に努めているため、非常に安心感があります。ただし残念ながら他国同様スリ・ひったくり・置き引きなどの一般犯罪はありますので、ご注意ください。

コロンビアの通貨はコロンビア・ペソ(COP)。日本では両替出来ませんのでアメリカドルの小額紙幣に両替してお持ち下さい。日本円は現地では利用できません。現地通貨への両替は空港及びホテルにて可能ですが、ホテル、レストラン、お土産店など殆どの場所でアメリカドル現金が使用できますので、必ず両替をする必要はございません。コロンビア川 俯瞰 峡谷 オレゴン アメリカ インターステート ハイウェー 高速道路 vista house

チップは、基本的には必要ありませんが、ベッドメイクの時に1泊1ドルくらいを枕元に置いてください。またルームサービスを頼んだ際などは必要です。

 

旅日和・・・ボリビア

ボリビア多民族国
Plurinational State of Bolivia

国旗

ボリビアの国旗

国章

ボリビアの国章

国の標語:La unión es la fuerza!
(スペイン語: 統一は力なり)

ボリビア多民族国(ボリビアたみんぞくこく、スペイン語: Estado Plurinacional de Bolivia、ケチュア語族: Buliwiya Mama Llaqta、アイマラ語: Bulibiya Suyu))、通称ボリビアは、南アメリカの共和制国家。国の面積はアメリカ大陸では8番目に、ラテンアメリカでは6番目に、世界的には27番目に大きい国である。日本の約3.3倍の広さである。かつてはより広大な国土面積を有し太平洋沿岸部にも領土があったが、周辺国との戦争に負け続けたために現在は最大時の半分ほどである。北と東をブラジル、南をアルゼンチン、南東をパラグアイ、南西をチリ、北西をペルーに囲まれた内陸国である。南半球にあり、晴れていれば南十字星が見える。憲法上の首都はスクレだが、議会をはじめとした政府主要機関はラパスにある。世界最高高度にある首都である

かつて「黄金の玉座に座る乞食」と形容されたように、豊かな天然資源を持つにもかかわらず実際には貧しい状態が続いており、現在もラテンアメリカ貧国の一つである。約1万人強の日系ボリビア人がおり、日本人町もある。

旅情報

水面 海面 湖面 青 ブルー 海 鏡 鏡面 無人 夏 夏休み 屋外 野外 風景 自然 山 雲 晴天 青天 青空 空 湖 白 光 青春 背景 背景素材 バック バックグラウンド テクスチャー テクスチャ 癒し いやし ヒーリング スピリチュアル 水 海水 海洋 マリンブルー 背景デザイン 無風 雨季 雨期 写る 映る 反射 幻想 幻想的 夢 ファンタジー メルヘン 塩 塩湖 ウユニ ウユニ塩湖 ボリビア 南米 旅行 世界 世界旅行 世界一周 ツアー ワーキングホリデー ホリデー

ウユニ塩湖

旅日和・・・インド

悠々の神々の地を巡る

国旗

インドの国旗

国章

インドの国章

国の標語:सत्यमेव जयते
ラテン文字転写: “satyam eva jayate”
(サンスクリット: まさに真理は自ずと勝利する)

南アジアに位置し、インド洋の大半とインド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、英語: Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。

西から時計回りにパキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、モルディブ、インドネシアに接しており、アラビア海とベンガル湾の二つの海湾に挟まれて、国内にガンジス川が流れている。首都はニューデリー、最大都市はムンバイ。

1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。

旅情報

タージ・マハル

広々としたヤムナー河のほとりに佇むタージマハル。ムガール帝国第5代皇帝シャージャハーンの王妃ムムターズ・マハルの白亜の霊廟で、1983年に世界遺産に登録されています。大理石に宝石、貴石を散りばめて建造されました。左右対称の美しい建物で、イスラム建築の至宝とも言われ、インドで最も人気のある世界遺産です。西・南・東の3ヶ所にある入り口からその敷地内に入ると、赤砂岩の堂々とした正門に到着します。そこをくぐると、約300メートル四方の庭園と泉を前景にし、完全な左右対称に設計されたタージマハルが姿をあらわします。このタージマハル造営のため3万人近い建築物の職人が集められ、国が傾くほど莫大な費用がかかったといわれています。

アグラ城

ムガール帝国でただ一人「大帝」と呼ばれた第三代皇帝、アクバル帝によって1565年壮大なアグラ城の建設が始められました。息子に皇帝の座を追われ城の塔内に幽閉されたシャー・ジャハーンが、7年間、最愛の妻ムムターズ・マハルの霊廟タージ・マハルを日夜眺め続け、この世を去った所としても有名です。

ファテープル・シクリ

アグラから少しはずれたところにある広大なファテープル・シクリは、ムガール帝国第三代皇帝アクバルが16世紀の中頃築いた都城。アグラに飽きた皇帝アクバルは、ファテ-プル・シクリに遷都しましたが、水不足のため数年で立ち去らざるをえませんでした。要塞、大門、宮廷などが、完全な保存状態で残っています。

アンベール城

ジャイプール一帯を支配したラージプールの氏族、カチュワーラー家の本拠地として、16世紀初頭に時のマハラジャである、マン・スィンによって建設が開始されました。丘の斜面に築かれた城は高低差によってスペースが仕切られており、低層は公的なエリア、上層が王の私的空間となっています。宮殿はムガール帝国のイスラム様式とラジャスタンの伝統様式が融合した独自の建築がすばらしいです。2013年には世界遺産に登録されました。小山の上に建っているため、弊社ツアーではバスを降りてからジープにて登って行きます。

ジャンタルマンタル天文台

ジャイ・シンは優れた占星学者でもあり、膨大な量の煉瓦やモルタルを使って、目を見張るほど精密なジャンタル・マンタル(天文台)を建てました。目的の異なる観測のために造られた装置、例えば星の位置や高度、方位、時間、そして日食や月食を観測するものなどがあります。いずれも約300年経った今でも、ほぼ正確に観測することができています。

シティーパレス

マハラジャや、サワーイ・ジャイ・スィン2世によって1729年に建設された王宮。現在もマハラジャ一家が居住しており、その一部を博物館として公開しています。
歴代のマハラジャが使用した車や衣装など、ゆかりの品々を見学することができます。

ハワマハール(風の宮殿)

姿を見られることを禁じられていた宮中女性のために、1799年にマハラジャや、サワーイ・プララップ・スィンが建てた宮殿です。5階建ての正面部分は奥行きのない小部屋に区切られていて、どの方角からでも風が入るように工夫されています。

レッド・フォート建造物群

オールドデリーのシンボル、赤砂岩でできた壮大なレッド・フォート城。堅牢な城壁の中には伽話に出てくるような宮殿や、ムガール朝の皇帝達が宝石のはめ込まれた黄金の孔雀の王座に座っていた謁見の間のディワン・イ・カスなどがあります。

フマユーン廟

ムガール帝国が最初に建造したペルシャ系イスラム様式の壮麗な墓廟。二代皇帝フマユーンの死後、妃が建立したのがこの廟です。白大理石と赤砂岩で造られた壮麗な廟は、タージ・マハルの粗型になったと言われています。

クトゥブミナール

中世北インドに侵入したイスラム教勢力が建立したモスクと尖塔などの遺跡。クトゥブ・ミナールと呼ばれる尖塔は、高さ72.5メートルにもなります。本来は礼拝の呼びかけをするものですが、戦勝記念の勢力誇示の意味もあって建造されました。外壁には聖典コーランの文字が刻まれています。

ブッダガヤの大菩提寺

菩提樹の下で深い瞑想を続けたブッタが、ついに覚りを開いた場所。仏教徒にとっては最高の聖地です。大菩提寺(マハーボーディ寺院)には、高さ52メートルの大塔を中心に、裏手に釈迦が瞑想して悟りを開いた菩提樹と金剛宝座が祀られています。

カジュラホの建造物群

最大の魅力は、建造物に所狭しと彫られた彫刻。男女一対のミトゥナと呼ばれる男女交合像と、そのバラエティに富んだポーズは、インドの聖典「カーマスートラ」の世界とも言え、そのエネルギッシュさに圧倒され、おおらかさに感心させられます。

ヒマラヤ鉄道(トイ・トレイン)

インド北部のネパール国境とブータン近くアジア最古の山岳鉄道、ダージリン・ヒマラヤ鉄道。1881年に開通し、今も現役で走る世界でもっとも小さいとされる機関車。かわいい車体から、”おもちゃの汽車(トイ・トレイン)”とも呼ばれています。今も100年前となんら変わらぬ姿で山の鉄路を駆け抜けます。

アジャンタ遺跡

川に沿って約30の石窟寺院がずらりとならぶアジャンタ遺跡。約550メートルの断崖を手でくり抜いて作られた古代の遺跡です。各洞窟の内部には、インド最古とされる見事な、保存状態の良い壁画が広がります。アジャンタ遺跡の石窟群は仏教の衰退とともに、約1000年間にわたってジャングルの中に忘れ去られていました。ツアーでは30の石窟の中から選りすぐりの見どころをご案内します。石窟によっては、土足厳禁のところもありますので、汚れても良い靴下が役立つでしょう。

エローラ遺跡

約2.5キロメートルの岩山を削って造られたエローラ遺跡。ここには、ヒンドゥー教、仏教、ジャイナ教の寺院や僧院が30以上残されています。南から1~12窟が仏教、13~29窟がヒンドゥー教、30~34窟がジャイナ教の石窟です。アジャンタの建築家が、アジャンタ遺跡の完成後、エローラ遺跡へと移ってきたと考えられています。どちらも古代インドの芸銃性の高さを今に伝えています。最大の見所は第16窟のカイラーサ寺院。インド最大の石窟寺院で、完成までには約150年の年月がかかったといわれています。

エレファンタ島(ムンバイ)

アラビア海に浮かぶ、石窟寺院の島。党内には7つの石窟寺院があり、見どころは第一窟。保存状態の良いシヴァ神のレリーフが残っています。

ビービーカマクバラ(オーランガバード)

別名『ミニタージマハル』。ムガール帝国の第6代皇帝アウラングゼーブの妻の霊廟。タージマハルよりも比較的空いており、ゆっくり見学できます。

ファイブ・ラタ

「ファイブ・ラタ」とは「5つの石彫り寺院」という意味。巨大な花崗岩から掘り出された彫刻の寺院です。5種類の形をした石堀の寺院は。茅葺きの民家がルーツとなっているドラウパディー・ラタ、3層の階段状の屋根を持つアルジュナ・ラタなどそれぞれが特徴を持ち、現在も残るドラヴィダ建築様式のもとになっています。

アルジュナの苦行

幅29メートル、高さ13メートルの巨大な岩に掘られた神や人間、動物は圧巻。彫刻がびっしりと岩を埋め尽くしています。この石を掘ったレリーフは世界最大規模といわれるほど。

クリシュナのバターボール

ゾウが引っ張ってもピクリとも動かないといわれる巨大な丸い岩。坂の途中でたたずむその姿がインド神話の登場人物、クリシュナの大好物バターボールに似ているため、「クリシュナのバターボール」と呼ばれるようになりました。見れば見るほど謎が深まる奇妙な岩。

海岸寺院

青い海の波打ち際に建てられた小さな寺院。石を積み上げて造られた素朴な寺院には何とも言えない美しさを感じます。

 

ミーナクシー・アンマン寺院

8世紀から16世紀までの年月をかけて建設され、現在までタミル人の「心のよりどころ」として大切にされてきました。ミーナクシー・アンマン寺院を中心として旧市街が広がり、たくさんのお店がにぎわいを見せています。

ハウスボートクルーズ

かつての米・スパイス運搬船を改装したハウスボートに乗ってクルージングをお楽しみください。
アラビア海に並行するように、ケララ州にはバックウォーター(海の近くにある流れが殆どない川)があります。この、全長900キロメートルにも及ぶバックウォーターをクルーズ船で観光します。中には各部屋にエアコン・シャワーがついており、1泊クルーズを楽しむことも可能です。うっそうと茂るヤシの木々、釣りや洗濯をする地元の人々、夕暮れ時と忘れられない思い出になるでしょう。

地域や年で違うものの、乾季とされる10月~3月がインド観光のベストシーズン。日中は20℃前後と過ごしやすいが、朝晩は冷え込むのでコートを用意しておきたい。4月~6月の暑季は日差しが強く40℃を超えることもあり、日焼け対策が不可欠。6月~9月は雨季なので傘の用意も忘れずに。また、宗教的な事情から、インドでは肌の露出や体のラインが出る服は避けるべき。暑季でもノースリーブやショートパンツは控え、とくに女性は半袖のチュニックなどにゆったりしたズボンやロングスカートが無難だ。大きめのショールを持っていれば何かと便利。

日焼け止め・常備薬・懐中電灯・虫よけスプレー・折りたたみ傘・ティシュ・ビニール袋・水〈買って飲む)

公用語はヒンディー語を含む18言語。他に地域ごとに多くの言語があり、英語も広く使用されいます。

インドルピー(INR)

旅日和・・・メキシコ

太陽と海に抱かれた
遺跡ロマンあふれる国

国旗

メキシコ合衆国の国旗

国章

メキシコ合衆国の国章

メキシコ合衆国(メキシコがっしゅうこく、スペイン語: Estados Unidos Mexicanos)、通称メキシコは、北アメリカ南部に位置する連邦共和制国家。北にアメリカ合衆国と南東にグアテマラ、ベリーズと国境を接し、西は太平洋、東はメキシコ湾とカリブ海に面する。首都はメキシコシティ。

旅情報

【世界遺産】チチェンイツァ遺跡

ユカタン半島の北部に位置する遺跡チチェンイツァは、800年近く続いたマヤ文明の都市で、1988年、世界文化遺産に登録されました。6~7世紀頃のマヤ古典期の「旧チチェンイツァ」と10世紀以降に再び築かれた後古典期の「新チチェンイツァ」から構成され現在まで様々な時代に構築された数々の遺跡が残されています。

【世界遺産】テオティワカン遺跡

テオティワカンは4~6世紀に最盛期を迎えた、メキシコシティ郊外の高原にそびえる巨大な古代都市。最大で人口15~20万人といわれ、同時期に栄華を極めたローマ帝国とも劣らない規模で、1987年、世界遺産に登録されました。遺跡の中心部を南北に貫く「死者の道」に沿って、巨大なふたつのピラミッドである太陽のピラミッドと月のピラミッド、宮殿群などが整然と並びます。

【世界遺産】ウシュマル遺跡

メリダからバスで約1時間のところに位置するマヤ遺跡。5~6世紀に築かれた宗教都市跡で幾何学模様のモザイクや、雨神チャックが描かれた華麗な装飾が特色。最大の見所は、小人が一夜で築いたという伝説を持つ魔法使いのピラミッドです。

【世界遺産】メキシコシティ歴史地区

人口約2,000万人の巨大都市。メキシコシティは、16世紀アステカ帝国を征服したスペイン人たちが、帝国の首都を破壊した廃墟の上に築いた植民都市です。1987年に世界遺産に登録されています。

【世界遺産】ソチカルコ遺跡

メキシコシティから約1時間の場所にある小高い丘陵地帯にある「花の館」を意味する都市遺跡です。1999年に世界文化遺産に登録されました。

見所は神殿を囲むように浮き彫りされているケツァルコアトル神殿で、保存状態が非常に良いといわれます。

【世界遺産】ポポカテペトル山麓の修道院群

メキシコ中部、標高およそ5,400メートルのポポカテペトル山のふもと4の州にまたがり点在する修道院跡。そのうち16世紀に造られた14の修道院が、メキシコでのキリスト教布教の拠点となった場所として、

1994年に世界遺産に登録されています。

【世界遺産】プエブラ歴史地区

スペイン植民地の名残を今に留めるコロニアルな街で、中でもサントドミンゴ教会の美しさはラテンアメリカ最高峰と称されるほど。市場での名産品の買い物も楽しめます。1987年に世界遺産に登録されました。

【世界遺産】国立自治大学

地面積700万平方キロメートルにも及ぶ、ラテンアメリカ最大の総合大学です。中央図書館を覆う、東西南北それぞれの面にテーマをもつ世界最大規模のモザイク壁画や、『民衆から大学へ、大学から民衆へ』という立体壁画など数々の壁画が残されており、2007年に世界文化遺産に登録されました。

【世界遺産】パレンケ遺跡

マヤ文明を語る上で欠かせないマヤ古典期を代表する遺跡。「碑文の神殿」の地下から石棺とももに「ヒスイの仮面」が発見されたことでも有名です。1987年に世界遺産に登録されました。

【世界遺産】カラクムル遺跡

1931年に発見され、2002年に世界遺産に登録された密林に眠るマヤ遺跡。3世紀から7世紀頃にかけてグアテマラのティカルと勢力を二分したとされる謎多き大遺跡です。ジャングルの中から現れるその姿は見ごたえたっぷりです!

教会 ステンドグラス メキシコ 海外 青 白 窓 ガラス 光

 

メキシコ南東部のカリブ海沿岸、ユカタン半島の先端に位置する観光都市で、1970年代にメキシコ政府の先導でリゾート地として開発されました。現在は年間で300万人を超える観光客やセレブが訪れる、世界的に知名度が高いリゾート地です。

話題の!!

ピンクラグーンはリオラガルトスという村にある塩を取るための塩田です。植物プランクトンにより、美しいピンク色を造りだしています。

旅日和・・・ハンガリー

~ドナウの真珠ブダペストと

マジャール人の誇り~

国旗

  ハンガリーの国旗

国章

Coat of arms of Hungary.svg

ハンガリー(ハンガリー語: Magyarország)は、中央ヨーロッパの共和制国家である。西にオーストリア、スロベニア、北にスロバキア、東にウクライナ、ルーマニア、南にセルビア、南西にクロアチアに囲まれた内陸国。首都はブダペスト。

国土の大部分はなだらかな丘陵で、ドナウ川などに潤される東部・南部の平野部には肥沃な農地が広がる。首都のブダペストにはロンドン、イスタンブールに次いで世界で3番目に地下鉄が開通した。

ハンガリーは40の地方行政区分に区分される。うち19は郡とも県とも訳されるメジェ (megye) で、20はメジェと同格の市という行政単位(正確には都市郡; megyei város)。なお首都のブダペスト市はいずれにも属さない、独立した自治体である。

旅情報

ハンガリー南西部にあるペーチは、ハンガリー初の大学が設立されたことで、文化都市の称号が与えられています。この街の起源は古代ローマにさかのぼり、ヴァレリア属州の州都であった4世紀に建設された初期キリスト教遺跡が、世界遺産に登録されています。また、16世紀にオスマントルコに占領されたためイスラム建築が残ることでも知られています。
街にはハンガリー三大磁器窯の一つ「ジョルナイ」の窯元があり、街のいたるところで装飾タイルを見ることができます。さらに、地中海性気候の入る南部のクロアチア国境にかけては赤ワインの一大生産地になっています。
2010年欧州文化の首都として様々な文化行事が行われているペーチへは、ブダペストから「インターシティー」で、2時間51分(228km)で到着できます。

ハンガリー西部、オーストリア国境に接するショプロンは、中世の面影を残す美しい街で良く宝石箱に例えられます。かつて城壁で囲まれていた旧市街の石畳の小道を抜けると中央広場があり、街のランドマークである14世紀に建てられた火の見の塔や山羊教会、美術館などの見所が集中しています。
また街の北には、世界遺産フェルトゥー湖が広がっており、ハンガリー三大宮殿の一つエステルハージ宮殿や東欧民主化の発端となったヨーロッパピクニック会場、古代ローマの時代にも使われていた石切り場跡など見逃せないスポットが数多くあります。
ブダペストから「インターシティー」に乗れば、2時間31分(216km)で向かうことができます。

交通

ヨーロッパの中央にあるハンガリーの鉄道は、首都ブダペストを中心に放射状に、約7800kmの国内ネットワークを広げています。また周囲をオーストリア、スロヴァキア、クロアチア、セルビア、ルーマニア、ウクライナ、スロヴェニアの7カ国と接しているため、国境を越えて各国を結ぶ国際列車が多く行き来しています。

ドナウ川を望む古都ブダペストは、街そのものが世界遺産として人々の注目を集めている場所です。ブダペスト西駅は、フランスのエッフェル設計社が建築した歴史的建造物。また都市計画とともにヨーロッパ本土として最初に作られた地下鉄1号線は、地上のアンドラーシ通りと共に世界遺産に登録されており、鉄道自体が見どころのひとつです。

ハンガリー国内には、国際列車「ユーロシティ」や国内列車「インターシティ」が頻繁に運転されているため、鉄道による移動は非常に便利です。またハンガリー平原の背後にそびえ立つ、カルパチア山脈の裾に広がる東北部の丘陵地帯に向かうローカル線に乗ればバロックの街に出会ったり温泉やワインを楽しめます。

ハンガリー国内の鉄道旅行には、「ユーレイル・ハンガリーパス」が便利です。また隣国とともに旅を楽しむのであれば、「ユーレイルパス」などの鉄道パスがおすすめです。

ヨーロッパの鉄道チケットは、日本で出発前に買うのがベスト。特に現地では購入できない「鉄道パス(周遊券)」は、現地で乗車券を購入するより割安でヨーロッパ各地を余すところなく楽しむことができます。また、日本で購入すれば、現地で購入のために窓口に並ぶ手間が省け、事前に座席を予約できたり、言葉の心配が要らずに安心して購入できます。もちろん、片道乗車券や座席・寝台指定券なども日本で手配できます。
ヨーロッパ旅行の移動を効率よく楽しむためにも、日本での事前購入が便利でおすすめです。

また、インターネットから予約購入するお客様限定の割引キャンペーンも実施していることがあるので、 レイルヨーロッパ公式サイト をチェックしてみましょう。公式サイトでは、行き先などを入力するだけで、検索条件にあったさまざまな鉄道パスやチケットの料金やタイムスケジュールが確認でき、オンラインで予約購入が可能です。お支払いもカード決済で簡単、購入チケットはご自宅などご指定の場所に配達されるので安心です。

旅日和・・・チェコ

中世の街チェコ・プラハ観光

国旗チェコの国旗

国の標語:Pravda vítězí
(チェコ語:真実は勝つ)

チェコの国章

Coat of arms of the Czech Republic.svg

チェコ共和国(チェコきょうわこく、チェコ語: Česká republika、英: Czech Republic)通称チェコは、

中央ヨーロッパの共和制国家。

首都はプラハである。

歴史的には中欧の概念ができた時点から中欧の国であった。ソ連の侵攻後、政治的には東欧に分類されてきたが、ヨーロッパ共産圏が全滅した時点で再び中欧または中東欧に分類されている。国土は東西に細長い六角形をしており、北はポーランド、東はスロバキア、南はオーストリア、西はドイツと国境を接する。

1993年にチェコスロバキアがチェコとスロバキアに分離し成立した。

NATO、EU、OECDの加盟国で、

中欧4か国からなるヴィシェグラード・グループの一員でもある。

旅情報

プラハ

プラハ、百塔の街、ユネスコの世界遺産、

世界で最も美しい都市の一つ。

有名なプラハの天文時計のある旧市庁舎。フランツ・カフカの小説に描かれているユダヤ人街のゴーレムの古の伝説に彩られた曲がりくねった路地。つい腰を下ろしたくなるカフェ、ブティック、ヴルタヴァ川の遊覧観光。ゴシック様式のカレル橋、マラー・ストラナ(小地区)のプラハ随一の美しさを誇るバロック様式の聖ミクラーシュ教会。都会の喧騒から離れたプラハ城下庭園、小さなエッフェル塔を思わせる展望台のあるペトシーンの丘、そしてプラハ城……プラハのどの地区にも、それぞれ固有の雰囲気と独特の魅力があります。プラハはスタイルも含め絶えず移り変わる街という印象を受けます。ロマンティックで性急で、古風であり現代的でもありますが、どこからどこまで国際的な都市であり、外国人を受けいれることに慣れています。さあ今がプラハの魅力に触れる時です。

 

 

今年のヴァレンタインを過ごす場所はもうお決まりですか?

今年もヴァレンタインデーが近づいてきました。

チェコは、この恋人達の日をパートナーと過ごすのに最適な場所

プラハ歴史地区のロマンチックな小道を散策したり、

カレル橋で恋人とセルフィーしたり、

あるいはプラハ以外の場所に体験の旅に出かけたり。

外国風景 外国 海外 チェコ チェコの町並み 中欧 東欧 欧州 ヨーロッパ 観光地 旅行 観光 風景 景色 名所 町並み チェコ共和国 ボヘミアン 赤い屋根 教会 鐘楼 プラハ 世界遺産 世界遺産プラハの歴史地区 旧市街 文化遺産 カレル橋 ヴルタヴァ川 聖人像

プラハ国立美術館の新しい展示とは?

収集品の新しい展示企画

今年、国立美術館は、これまで準備してきた二つの展示を新しく公開します。一つ目はプラハ城 の前にあるシュワルツェンベルグ宮殿において、2019913から公開される予定です。この展示は「偉大な画家達」との名称の下、16世紀から18世紀にかけての古典収蔵品から厳選した最高傑作を楽しんでいただけます。つまり、ハンス・フォン・アーヘン、ペトル・ブランドル、ルーカス・クラナッハ、あるいはピーテル・パウル・ルーベンスなどなど、有名な巨匠の作品を直に鑑賞して頂けます。また、展示の公開と同時に、宮殿の正門も公開され、それぞれの階では、ヨーロッパのルネッサンスからバロック時代までの美術を紹介させて頂きます。二つ目の展示は、国立美術館の本館である見本市宮殿で、1112から公開されます。それは、「1796-1917:最も長い世紀の美術」と名付けられています。この展示は、ナポレオン戦争からモダンの台頭までの西洋社会で一番重視されたテーマを中心的な理念として構成されています。ウジェーヌ・ドラクロワ、ポール・ゴーギャン、パブロ・ピカソ、ヨゼフ・マーネスなど、優秀なロマン主義の風景画家から、歴史の中で刺激を探った画家、モダンなアートの土台を作った画家まで、幅広くご覧頂けます。もちろん、展示では、絵画だけでなく広い文脈における彫刻もご覧頂けます。

ビロード革命から30周年

2019年秋には、チェコスロバキアの共産党政権の崩壊のきっかけとなった、いわゆるビロード革命から30周年を迎えます。 国立美術館では、いくつかのプロジェクトによって、この重要な記念すべき年を祝います。その中で一番重要なものは、見本市宮殿 で行う「ハベルをプラハ城に!」という写真展でしょう。この展示の開会式は、20191113に、閉会式は2020216に開催予定です。反体制デモの写真と共に、当時の日常生活を切り取った写真や社会・政治問題を題材にした、1989年に撮影された写真を展示します。

ザクセンーチェコ:近くて遠い地方

5月24日から9月15日までの間、プラハ城 近くのシュテルンベルグ宮殿では、隣り合っているチェコとドイツのザクセン州との交流を中心とする大規模な展覧会も開催されます。9つの区分に分かれる展示では、芸術と歴史の共存という枠組みの中で、一般人の日常生活のほか、政治エリートらがもたらした歴史的な出来事にも焦点を当てます。この展示には、ルーカス・クラナッハの絵画をはじめ、マンネリズム風の絵画、バロック最盛期の美術、オスカル・ココシュカの絵画、ゴシックやルネッサンス時代の貴重な芸術品まで、チェコで初めてご覧頂ける展示品も数多くあり、十分に鑑賞して頂けると思います。

その他の展示もたっぷり実施します

見本市宮殿では、7月19日から12月1日までの間、チェコで初めてとなるスイスの彫刻家アルベルト・ジャコメッティの回顧展が開催されます。旧市街広場 にあるキンスキー宮殿では、6月28日から10月20日までに、クロード・モネ、エドガー・ドガ、ピエール・オーギュスト・ルノアールあるいはアルフレッド・シスレーの作品を展示する「フランスの印象派」という展示も開催予定です。もちろん、絵画だけでなく、見本市宮殿 の6階では、写真展も企画しています。3月8日から9月8日まで開催する「400ASA:写真」という展示では、アルジュベタ・ユングロヴァー(Alžběta Jungrová)、アントニーン・クラトヒヴィール(Antonín Kratochvíl)、カレル・ツドリーン(Karel Cudlín)やトムキ・ニェメツ(Tomki Němec)などのチェコ人写真家に焦点を当てます。また、ヨセフ・シーマのファンの方は、ブルノ市からプラハ市内のヴァレンシュタイン室内馬場に移ってくる「ハイ・プレーへの道」(Cesta k vysoké hře)という展示が待ち遠しいのではないでしょうか。この展示の展示期間は、4月19日から7月30日までです。さらに、ゴシック式の聖チェコのアネシュカ修道院で行われる「美しいマドンナ展」では、小さなイエス様を抱いて、垂れ下がる法衣を着た聖母の彫刻の美しさとその上品さを紹介します。この500年以上続く優雅な佇まいは、2019年11月22日から2020年4月19日まで鑑賞頂けます。そして、ヴァレンシュタイン室内馬場では、2019年10月から2020年4月まで、「マハラジャの宝物:ジョドプールからのインドの芸術」という大規模な展示も企画しています。博物館や個人収集から借り出した展示品は、ラージャスタン州のほぼ4世紀にわたる芸術を代表します。

原則として、国立美術館で開催される常設展示や特別企画展は、全て有料です。ただし、26歳未満の児童・学生の方は、常設展は無料となっています。そして、特に来訪することを考えていない皆さんを引き付けるために、一年を通じて、特定の日や夕方の時間を指定して、

入場無料か象徴的な入場料として1コルナだけ頂戴する企画も実施しています。

例年2月上旬には、国立美術館の開館を記念して(今年は223周年です!)、入場無料の日もございます。

プラハの博物館の夜」夜間無料開放企画(6月8日)や

国際博物館・美術館の日(5月18日)などの無料開放日もございます。

交通情報

チェコ共和国では車は右側走行です。

走行中の車は、通年でどの時間であっても

ヘッドライトをつけていなくてはなりません。

車の運転前の飲酒は例外なく禁止されています。

ドライバーが確実に無飲酒の状態でハンドルを握っていることを

証明させるために、警察は呼気検査を行うことができます。

ドライバーは、運転中にハンズフリーを利用する以外の方法で

モバイルを利用することは禁止されています。

車に子供を乗せる場合、その子の体重が36キロ以下、

身長が150センチ以下であるなら、

チャイルドシートを利用することも忘れないでください。

チェコ共和国では11月1日から3月31日までの間、

冬タイヤを装着することが義務付けられています。

しかし法律は、気候が必要としないなら
夏タイヤを履いていてもよいと定めています。
しかし特に冬の時期は国内の天候は替わりやすいので、
問題が発生したり、それこそ事故が起きてしまう危険を冒す前に
タイヤを変えたほうがいでしょう。

ドライバーは運転免許証、身分証明書、自動車の安全に関する書類

(車検証、自動車保険の加入を示すグリーンカード)

を携帯していなくてはなりません。

走行速度

住宅地 ‐ 町や村での最高速度は50km/h (30mph) と定められています。常に歩行者が優先されます。例外的に、トラムの走行は車のドライヴァーも歩行者も妨げてはなりません。

町や村の外では、最高速度が90km/ h(55mph) となっています。

住宅地のないところにある高速道路の制限速度は130km/ h(80mph)であり、町・村の中の高速道路では最高速度が80km/ h(50km)となっています。

高速道路料金

重量3.5トンまでの自動車は、例えば高速道路のように料金を課せられる道路を走行する場合、いわゆる高速道路ステッカーがなくてはなりません‐ これはドライバーが支払わねばならない交通料金を支払ったことを示す書類です。

高速道路料金を課さない/ 高速道路料金・料金徴収ゲートでの課金なし

高速道路ステッカーは、ガソリンスタンドチェコ郵便局支店、国境モーター関係のショップで購入できます。

10日間有効高速道路ステッカー:310コルナ(11EUR、13USD、85CNY)
1ヶ月有効高速道路ステッカー:440コルナ(16EUR、18USD、120CNY)
14ヶ月有効高速道路ステッカー(12月1日‐翌々年1月31日有効):1500コルナ(55EUR、63USD、405CNY)

3.5トン以上の重量の車両は、チェコ国内の道路を走行するための料金支払いのために、料金徴収ゲートとの情報交換を行う特別な設備を搭載しなくてはなりません(注:日本のETCのような設備)。これに関する情報や、キャラバン・キャンピングカーでの国内旅行時の規則などは、 ご確認ください。

事故

もし事故で誰か怪我を負ったり死亡した場合や、第3者による加害で事故が発生した場合、あるいは事故当事者のいずれかにおける損害の額が100 000コルナ(3 700EUR、4 200 USD、27 000 CNY) を超える場合には、ドライバーは事故の起きたことをチェコ共和国警察に通報する義務があります。もしも上記の1つも該当せず、加害者が誰であるかドライバー間で認識が一致した場合には、警察を呼ぶ必要はありません。

しかしその場合にもいわゆる欧州交通事故記録書を作成することをお勧めします。

タクシー

タクシーでの1キロメートル乗車に対する平均運賃は20コルナ(0,75 EUR、0,85 USD、5 CNY)です。しかし実際の請求額はどの町で乗るか、どんなタクシーを使うかで変わってきます。最も運賃が高いのはプラハです。

中心街から空港へ向かう場合の平均運賃は

500コルナ (18 EUR、20 USD、135 CNY)から700コルナ(25 EUR、29 USD、189 CNY)です。

悪質タクシー業者はどこにでも居ます。

チェコ国内のその数は幸い減少する傾向にあります‐

あなたが悪質業者を避けるためには路上でタクシーをつかまえず

タクシー会社へ電話してタクシーを呼んでください。

はっきりとタクシーであることがわかる車両を利用し、
乗車前に目的地までの運賃を尋ね
高いと感じたら乗車しないようにしてください。
チェコ国内の列車・バス利用
チェコは欧州でも最も鉄道網が密で、
バス運送のネットワークがよく組まれた国のひとつにはいります。

どちらの移動手段も信頼できるものです。

プラハ

プラハ市内はトラム、バス、メトロ、船、

さらにはケーブルカーも利用できます。

交通手段の近代化によって、バリアフリーの車両が増加しています。

時刻表ではどの駅に車椅子用のエレベーターや

通路が用意されているかを確認することができます。

プラハ公共交通機関

プラハで公共交通機関を利用するためには乗車券を購入せねばなりませんが、その際いくつかのパターンから選択できます‐大人用基本運賃は32コルナ(1,20 EUR、1,35 USD、8,5 CNY)です。もしプラハに1日滞在するのであれば、110コルナ(4 EUR、4,50 USD、30 CNY) の1日券がお得かもしれませんし、もし週末をプラハで過ごそうと思うなら、310コルナの (11 EUR、13 USD、84 CNY)1週間券を買うほうがお得です。乗車券が有効になるのは、券にチェックを入れたときからになります(そのための機械はメトロ、トラム、バスの中にあります)‐ チェックは利用開始時に1度行えばよいだけです。もしこれをせず、いわゆる“ブラック”で公共交通機関を利用していることが発覚すれば、最高1500コルナ (55 EUR、62 USD、406 CNY) の罰金が課せられます。

プラハや他の町での空港利用

チェコ共和国最大の空港はプラハのヴァーツラフ・ハヴェル空港です。もとはルジニェ空港といいましたが、2012年にかつてのチェコ大統領の名前を冠するようになりました。ヴァーツラフ・ハヴェル空港は首都プラハの隅にありますが、中心街への交通の便は大変よくできています。プラハ中心街にある中央駅へは、AE(エアポートエクスプレス)便が空港から30分で結んでいます。運賃は公共交通機関とは別に組まれており、乗車時に運転手から乗車券を購入します。ヴァーツラフ・ハヴェル空港からは一般交通機関の料金形態で他にもバスが出ており、これらは様々なメトロの駅につながっています。例えばヴェレスラヴィーン鉄道駅、あるいはズリチーン駅など。

空港からあるいは空港への交通は、

個人運送業者のサービスを利用することもできます。

チェコ共和国内の他の国際空港は、ブルノオストラヴァカルロヴィ・ヴァリそしてパルドビツェ にあります。空港の公式サイトでは、公共交通機関、駐車場についての情報を検索できます。

ちょっと違う飛行‐チェコ国内でのドローン利用

チェコ国内でのドローン飛行規則

ドローンの人気は高まる一方で、旅行先で俯瞰による気の利いたショットを取ることのできる機会を多くの人が好んで利用するようになっています。チェコにはドローンの飛行にあたり規制があるため、無人飛行を実行しようと思う前にこれを通読されることをお勧めします。

ドローンの利用が個人的目的であるにせよ、

商業的目的であるにせよ、

国内では飛行禁止ゾーンを飛行することを避けなくてはなりません。

必要な許可(これについては下記に記載)を

取得せず無人飛行機を高速道路や一般道の上に飛ばすことはできず、

また所有者の許可無く個人所有の土地の上を飛行させることも出来ません。

さらに、ドローンの撮影する映像上に映ることになる人からも、

合意を得る必要があります。

許可、保険、違反時の罰金

商業目的でのドローンの利用は、

今からお教えする規定によって定められており、

そのために民間航空局の発行する許可を取得する必要があります。

チェコの領域内でドローンを飛行させる場合の条件については

民間航空局で全て確認されることをお勧めします。

まとめると:ドローン飛行を行いたいと思う者は、

飛行許可 (povolení k létání)

航空作業許可(povolení k leteckým pracím)

場合によっては個人使用にむけた航空活動実施許可

(povolení k provozování leteckých činností pro vlastní potřebu) を取得することが必要です。

また保険にはいることも忘れてはいけません。

もしドローンが落下した場合には、

人に危害を加えたり他者の所有物に損害を与える可能性もあります。

必要な許可証の発行には26000コルナがかかります

(約1000ドル、約960ユーロ)。
チェコ領内での非合法なドローン利用に課せられる罰金は、

5 000 000 コルナ (約 200 000 ドル、約 185 000 ユーロ)にまで

いたる場合もありえます。

更に、非合法事業他の罪状によって刑罰が科される恐れもあります。

セグウェイでの交通

2016 年の 8 月中旬から、プラハの中心部と町の他の場所で、

セグウェイでの交通が禁止になります。

この禁止は歩道や歩行者エリア、そして道路でも適用されます。

セグウェイの運行について、

プラハ居住者やプラハ市議会が長期にわたり苦情を訴えていたことが原因です。

禁止は下記に適用されます:

プラハの中心部全体(プラハ1区)

Náměstí Mír(ナームニェスティー・ミール)に近いVinohrady(ヴィノフラディ)の一部(プラハ 2区)、Slavíkova(スラヴィーコヴァ)、Korunní(コルンニー)、Jana Želivského(ヤナ・ジェリフスケーホ)通り(プラハ3区)。
Jižní Spojka(イイジュニー・スポイカ)、Spořilov(スポルジロフ)(プラハ 4区)
Malá strana(マラー・ストラナ)とzahrada Kynských(キンスキー・ガーデン )(プラハ 5区)
Letná(レトナー)、Holešovice(ホレショヴィツェ)、Stromovka(ストロモフカ) (プラハ7区)
Karlín(カルリーン) (プラハ 8区)

今後も、セグウェイに乗ることをプラハ6区では楽しんでいただくことができますので、例えばHvězda(フヴィエズダ)の中を周る、あるいはBřevnov(ブルジェヴノフ)の修道院近辺での走行が可能です。また、例外としてカルリーンのモダンなRohanské nábřeží(ロハンスケー・ナーブルジェジー)の走行が許されています。
もしプラハの中心部でセグウェイに乗った人に会うことがあるとすれば、それはたぶん警察官でしょう。彼らに対してこの禁止はあてはまりません。

通貨、支払い、価格とチップ

チェコ共和国の公式通貨はチェココルナ(Kč)。

硬貨:コルナ、 2 コルナ、コルナ、
10コルナ、 20コルナ、50コルナ
紙幣:100 コルナ、 200コルナ、500コルナ、
1000コルナ、2000コルナ、5000コルナ
1コルナ=100ハレルですが、チェコ国内ではもう値札の上でしか出てこないものです。実際にはハレルで支払うことはなく、お釣りとしてもらうこともありません。価格にハレル表示がある場合、四捨五入されます。例:299コルナ75ハレルの価格の場合、300コルナを支払います。
159コルナ20ハレルであれば、159コルナ支払います。
多くの商店、レストラン、ツーリストセンターではユーロも使えます。が、
特に商店の場合はお釣りをコルナで渡されるので、驚かないでください。
  • 両替所で。しかし、その場合は無駄な手数料を払うことがないか注意してください。魅力的な„0% commission“ の表示は、外国通貨の買いに関するもので、その売りには頻繁に関係しないことがあります。他の場所でも、情報を表示したプレートの最後のほうに、例えば200ユーロ以上の両替については手数料無料と小さな字で書いてあることもありますので、注意してください。一番良い方法は、手元の金額でいくらを手にでき、どのような手数料を支払うことになるのか、あらかじめ尋ねてしまうことです。両替所には、情報をいくつかの世界言語で表示しなくてはならないことが法律上義務付けられています。
  • 銀行で。銀行は外貨両替業務に対し、大体2%程度の手数料を取ります。しかも、銀行の中には最低手数料額(例えば30コルナ)を設定しているところもあります。チェコの銀行は週末と国の休日に営業していません。
  • ホテルで。あなたが泊まるホテルでも、自分のもっているお金をチェココルナに替えることができます。
  • しかし、そこでも手数料が課されることがあります。

注意!路上で交換することはしないでください。

両替所や銀行ほかの機関の枠を外れ、

大変良いレートをオファーする人を受け入れることは

しないようにしてください。

ATM

街中にたくさんあるATMでチェココルナを引き出すこともできます。ですが、お使いの銀行に対し、外貨引き出し手数料がかかるかどうかを確認されることをお勧めします。
ほとんどの商店やレストランでは、

国際的に認められているカード

(Visa、MasterCard、Plus、Maestroなど)での支払いが可能です。

 価格

サービスの価格は、どこでそれを受けるかによって変わってきます。価格が特に高い宿泊施設やレストランは、町の中心部にあるのが通例です。ですが、プラハの中心街でも美味しく安く食べることだってできます。ほとんどのレストランがオファーしているランチメニュー1つの価格は大体120コルナ(5ユーロ、6ドル)です。この金額で大抵はメインとスープを食べることができます。前菜、飲み物、メインメニュー、デザートを含む1人分の夕食は、通常のレストランで500コルナ(18ユーロ、20ドル)ぐらいです。

もちろん価格は、レストランの場所とそのレベルによってさらに上昇します。
チップ

チェコ国内のレストラン、バー、カフェほかの飲食店では、支払いの際にチップを置きます。場所によっては価格にチップを含んでいる場合もありますが、通常はレストランのボーイやウエイトレスに対しチップを払うかどうかは客側が決定します。比較的支払い金額が低く、それが普通のレストランでのことであれば、大抵は満足度に従った金額を、合計額がきりのいい数字になるようにチップとして上乗せします。もしお昼を食べに行ってサービスや環境に満足であり、提示された金額が116コルナの場合、これを130コルナ、あるいはそれ以上のきりのいい数字に繰り上げします。より支払額が高額であるなら、チップもそれにあわせ多くなります。高級レストランであればチップは大体金額の10%となることが期待されるのですが、満足が得られていないなら、支払う必要はありません。